導入事例

ファーマーズマーケット内「One Love, Wine Love」のLINE Payの「プリントQR」導入事例

毎週土日に、東京青山の国連大学前で開催している「ファーマーズマーケット」は、農家さんを中心に、料理人、職人、そして都市に暮らす人々が参加するコミュニティです。今回は、国内ワイン生産者と小規模インポーターが集合し、ワインを飲み比べすることができる「One Love, Wine Love」の販売カウンターに導入したLINE PayのプリントQRについて、イベント会場運営の方にお話を伺いました。




――LINE Payに導入を決めた理由、期待することは?

002_2.jpg
我々のような屋外マーケットで大量の現金を扱うのは、運営面上、非常に大変で、課題を感じていました。
また、時代の流れを鑑みても、キャッシュレス化はどんどん進んでいく傾向にあるので、まずは試してみようと導入を決めました。


――お客さまへの告知方法は?

004_1.jpg
今回のイベントはまずTwitterなどSNSでの告知をメインで行いました。一番はLINE Payで決済できるという状況をたくさんの方に見ていただき、認知してもらうのが有効かなと思います。


――「LINE Pay友だち追加機能」について期待することや導入する目的は?

ファーマーズ4.jpg
ご来場いただいているお客さまへの告知はSNSがメインで、たくさんの方に情報を受け取っていただいている状況だと思います。 「LINE Pay友だち追加機能」は、実際に決済された方が友だち追加されるので、来場されたお客さまの中でも、よりコアな方に向けて我々の活動を深く知ってもらえることに価値を感じています。

今後、活動が発展していく中で、マーケットのファンであるお客さま(コア層)との交流をさらに強化し、発展させていければと思っています。


――今後どのようにLINE Payを活用していきたいですか

ファーマーズ5.jpg
今はまだ使い始めたばかりで模索中ですが、さまざまなシーンで、さまざまな方が利用されていると思うので、LINE Payの利用者の方に向けたイベントができると面白いですね。 屋外マーケットでもLINE Payで決済ができることを多くのお客さまに認知してもらいたいです。そうすることで決済数も増えて、どんどんキャッシュレス化と運営のスリム化が進むかなと期待しています。

ファーマーズ6.jpg
ファーマーズマーケットへの出店者が抱えている課題もそれぞれ違うでしょうし、今後思わぬ使い方が見つかって、より有効活用できたり...思わぬ化学反応が生み出せるような気がしています。


One Love, Wine Love 04

http://farmersmarkets.jp/




人手不足や、急なアルバイトの欠勤にお悩みではないですか?
「LINEスキマニ」ならカンタンに日雇いアルバイトが採用可能!求人掲載は無料・引き抜きOK!
cpbnr_sukimani.png



この記事が参考になりましたか?