学生のクレジットカード審査のポイントを解説

公開日2023.04.14最終更新日 2023.09.19

LINE Payとの連携で5%還元!最短30秒で審査完了、即使える「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」はこちら

初めてクレジットカードを持つ人にとっては、クレジットカードの使い方が不安になることもあると思います。ここでは、クレジットカードの基本的な使い方を解説し、初心者でも安心して利用できるようになる方法をご紹介します。

《TOPICS》

■収入の確認
■保証人を用意する
■申込書を正確に記入する
■信用情報の確認
■ポイント還元率の確認
■キャッシュバックの確認
■審査基準の確認
■学生も作れるクレジットカードなら即時発行可能な「Visa LINE Pay クレジットカード(P+)」がおすすめ
■まとめ

▼「 Visa LINE Payクレジットカード(P+)」のお申込みはこちら

■収入の確認

クレジットカードを作るためには、収入が必要です。学生の場合、アルバイトなどの収入がある場合もありますが、正規の雇用契約がない場合は、収入が不安定であると判断される可能性があります。そのため、収入がない場合は、親の収入を利用することができることがあります。


■保証人を用意する

大学生の場合、審査に通るためには保証人を用意することも必要になる場合があります。保証人とは、自分自身の信用力が不十分な場合に、自分の代わりに借入やクレジットカードの返済を保証する人のことです。保証人を用意する場合は、信頼できる人物を選び、事前に相談しておくことが大切です。


■申込書を正確に記入する

カード発行会社は、申し込み時に提供された情報を確認します。そのため、個人情報や収入などのデータは正確に入力する必要があります。また、申し込み時に提供された情報と異なる情報が確認された場合、カードの審査に通らない可能性がありますので、正確な情報を提供するようにしましょう。


■信用情報の確認

クレジットカードの発行会社は、信用情報機関に登録された情報を確認します。過去に支払い遅延や債務整理などの問題がある場合、信用情報に記録されているため、カードの審査に通りにくくなります。学生の場合、これまでに借入や返済履歴がない場合が多く、信用情報に記録がないことが多いです。そのため、初めてのクレジットカードを作る場合は、審査に通りやすいカードを選ぶことが重要です。


■ポイント還元率の確認

クレジットカードを使うメリットの一つは、ポイント還元率が高いことです。ポイント還元率が高いカードを選ぶことで、利用するたびにポイントが貯まり、お得に利用することができます。ただし、ポイント還元率が高いカードほど、年会費が高い場合があります。ポイント還元率と年会費のバランスを考え、自分に合ったカードを選びましょう。


■キャッシュバックの確認

ポイント還元率以外にも、キャッシュバックがあるカードもあります。キャッシュバックは、カードを利用した金額の一部がキャッシュバックされる制度です。ポイント還元率と同様に、自分に合ったカードを選ぶことが重要です。


■審査基準の確認

クレジットカードの発行会社によって、審査基準は異なります。学生でも作れるカードがある一方で、学生には審査基準が高いカードもあります。そのため、自分自身が審査に通りやすいカードを選ぶことが重要です。例えば、学生限定のカードや学生でも審査に通りやすいカードがあります。また、年会費や利息率、ポイント還元率などの条件も重要なポイントです。これらの条件を比較し、自分に合ったカードを選びましょう。
以上が、学生でもクレジットカードを作るための審査前に押さえておきたいポイントです。自分の収入や信用情報、審査基準などを考慮し、自分に合ったカードを選びましょう。また、カードを利用する際には、責任を持って利用することが重要です。返済期限を守り、借金をしないように心がけましょう。クレジットカードは、便利な決済手段ですが、責任を持って利用することが大切です。


■学生も作れるクレジットカードなら即時発行可能な「Visa LINE Pay クレジットカード(P+)」がおすすめ

学生の方が初めてクレジットカードを作るなら、「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」をおすすめします。ポイント還元率や年会費が永年無料で、手軽で便利なカードです。
また最短30秒ですぐカードが使える即時発行に対応しており、今すぐネットショッピングしたい場合には即時発行がおすすめです。審査が完了後は、その場でクレジットカード番号が分かるので、すぐお買い物が出来ます。
※即時発行は9:00~19:30までのお申し込みが対象となります。それ以外の時間は通常発行からお申し込みください。

アルバイトなどの定期的収入があれば、学生の方でも作成可能ですが、状況によっては、定期的収入がなくても発行できる可能性があります。また、親御さんなどご家族が「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」の会員であれば、家族カードを発行する方法もあります。家族カードの年会費も永年無料なので、ぜひこの機会にご活用ください。

最大5%還元、入会費&年会費無料!Visa LINE Payクレジットカード(P+)はこちら
20221125_VLP_Plus_blog_03_728x400

■まとめ

最後に、学生はクレジットカードの審査に落ちた場合でも、諦めずに別のクレジットカード会社に申し込んでみることも重要です。クレジットカード会社によって審査基準が異なるため、別のクレジットカード会社に申し込むことで、審査に通る可能性が高くなることもるので諦めずに、今回ご紹介したポイントを踏まえて申し込んでみると良いかもしれません。

関連記事

    おすすめの記事