クレジットカードとプリペイドカードの違いと特徴

公開日2023.04.14最終更新日 2023.12.13

クレジットカードとプリペイドカードは、両者ともに現代社会で欠かせないものとなっています。しかし、どちらが自分に合っているのか分からないという人も多いのではないでしょうか。今回は、クレジットカードとプリペイドカードを比較し、どちらがお得なのかを解説していきます。

《TOPICS》

■クレジットカードとプリペイドカードの特徴
■クレジットカードとプリペイドカードの違い
■クレジットカードとプリペイドカードの併用で得られるメリット
■クレジットカードとプリペイドカードの併用は「Visa LINE Pay クレジットカード(P+)」と「Visa LINE Payプリペイドカード」の2枚持ちがおススメ
■まとめ

▼「 Visa LINE Payクレジットカード(P+)」のお申込みはこちら

■クレジットカードとプリペイドカードの特徴

まずは、クレジットカードとプリペイドカードのそれぞれの特徴を簡単に説明していきます

●クレジットカードの特徴

・支払いが後払い

クレジットカードは、購入した商品やサービスの代金を後で支払うことができます。支払い期限があり、期限内に支払わないと利息がかかる場合があります。

・利用限度額が設定される

クレジットカードは、利用限度額が設定されています。利用限度額を超えると、カードが使用停止になる場合があります。

・ポイントやマイル、キャッシュバックが付与される

クレジットカードは、利用金額に応じてポイントやマイル、キャッシュバックが付与される場合があります。これらの特典を活用することで、お得にカードを利用することができます。

・海外旅行に便利

クレジットカードは、海外旅行に便利です。海外旅行保険が自動付帯されている場合があり、海外旅行時に必要な現地通貨の引き出しもできます。

●プリペイドカードの特徴

・支払いが前払い

プリペイドカードは、事前にチャージをすることで、その金額範囲内でしか利用できません。前払いなので、支払い期限の心配や利息の心配がありません。

・利用限度額が設定される

プリペイドカードは、利用限度額が事前に設定されています。利用限度額を超えることができないため、意図せず使いすぎることがなくなります。

・キャッシュレス決済に便利

プリペイドカードは、キャッシュレス決済に便利です。カード自体がポイント還元の対象になっている場合があり、チャージする度に特典が付与されることもあります。

・就学前のお子さんにも使える

プリペイドカードは、就学前のお子さんにも使うことができます。保護者がチャージして利用できるため、小さなお子さんでも自由に買い物ができるようになります。

カードにはそれぞれ特徴がありますが、どちらがお得かというと、個人のライフスタイルや利用目的によって異なります。

■クレジットカードとプリペイドカードの違い

クレジットカードとプリペイドカードには異なる特徴があることが分かりました。ここでは、それぞれを比較しながら違いについて確認していきましょう。

・利用可能な場所の違い

クレジットカードは、ほとんどの場所で利用が可能です。一方、プリペイドカードは、利用できる場所が限定される場合があります。特に海外で利用する場合には、プリペイドカードの利用が制限されることがあるため、クレジットカードの利用がおススメです。

・ポイント還元率の違い

クレジットカードは、ポイント還元率が高いものが多く、日常生活での支払いをすることでポイントを貯めることができます。一方、プリペイドカードにはポイント還元の仕組みがないため、ポイント還元を重視する場合にはクレジットカードの利用がおススメです。

・利用限度額の違い

クレジットカードは、利用限度額が決められているため、使いすぎに注意する必要があります。一方、プリペイドカードは、あらかじめチャージした金額分しか利用できないため、予算管理がしやすく、使いすぎを防ぐことができます。

・年会費の違い

クレジットカードには年会費がかかる場合がありますが、ポイント還元率が高いものや特典が充実しているものなど、年会費以上のメリットがある場合もあります。一方、プリペイドカードには年会費がかからない場合がほとんどです。

・キャッシングの違い

クレジットカードは、キャッシング機能があり、現金を引き出すことができます。一方、プリペイドカードにはキャッシング機能がないため、現金を引き出すことはできません。

以上のように、クレジットカードとプリペイドカードにはそれぞれ特徴があります。どちらがお得かは、自分の利用目的や使い方によって異なるため、自分に合ったカードを選ぶことが重要です。

■クレジットカードとプリペイドカードの併用で得られるメリット

ここでは、クレジットカードとプリペイドカードを併用することで得られるメリットについても解説します。

・支払い方法の選択肢が増える

クレジットカードとプリペイドカードを併用することで、支払い方法の選択肢が増えます。例えば、高額な買い物をする場合には、クレジットカードで支払い、日常的な支払いにはプリペイドカードを使うことで、利用限度額や予算管理をしやすく、お得感を増すことができます。

・海外旅行での利用がしやすくなる

クレジットカードとプリペイドカードを併用することで、海外旅行での利用がしやすくなります。クレジットカードは海外でも利用可能ですが、プリペイドカードの利用が制限される場合があるため、両方持っていると、利用できるカードを選択することができます。

・ポイント還元率を最大限に活用できる

クレジットカードとプリペイドカードを併用することで、ポイント還元率を最大限に活用できます。例えば、クレジットカードで高額な買い物をする際には、ポイント還元率の高いカードを選び、日常的な支払いにはポイント還元のないプリペイドカードを使うことで、ポイントを効率的に貯めることができます。

・セキュリティー面で安心感が増す

クレジットカードとプリペイドカードを併用することで、セキュリティー面での安心感が増します。クレジットカードは、不正利用された場合には、適切な手続きをすることで被害を最小限に抑えることができます。一方、プリペイドカードは、あらかじめチャージした金額しか利用できないため、不正利用される可能性が低く、セキュリティー面での安心感が増します。

以上のように、クレジットカードとプリペイドカードを併用することで、お得感や利便性が増すことがあります。ただし、両方を所有することで年会費や管理費がかかる場合もあるため、自分に合った使い方を見つけることが重要です。

■クレジットカードとプリペイドカードの併用は「Visa LINE Pay クレジットカード(P+)」と「Visa LINE Payプリペイドカード」の2枚持ちがおススメ

ポイント還元率の異なる「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」と「Visa LINE Pay プリペイドカード」を上手に使い分けることで、効率よくLINEポイントを貯めることができます。

●「Visa LINE Payプリペイドカード」はここで使うとお得

スーパーやコンビニなど、iD・Visaのタッチ支払いが使えるお店では「Visa LINE Payプリペイドカード」のご利用でLINEポイント2%還元されます。 「Visa LINE Payプリペイドカード」はLINE上でかんたん発行、すぐに使える手数料、年会費無料のバーチャルプリペイドカードです。Apple Payや Google Pay に設定することでタッチ支払いが可能になります。

「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行はこちら

●「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」で5%*還元

「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」は、スマホ決済で5%*のポイント還元が受けられるのが大きな魅力です。基本還元率は0.5%ですが、 LINE Payとの連携によってさらにお得にお使いいただけます。 「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」をLINE Payアカウントに登録し、店頭にてLINE Payでのコード支払い(チャージ&ペイ)するだけで5%*のポイント還元が適用されます(上限は500P/月まで、オンライン支払い・請求書支払いは対象外)。チャージ&ペイとは、LINE Payアカウントへの事前の残高チャージをせずに、スマホ決済ができる便利な機能です。高いポイント還元を受けられるだけでなく、LINE Payの残高を気にせずに利用できるため、支払いをスムーズに行える点が特徴です。利用代金は引き落とし日にまとめて口座振替(クレジットカードお申し込み時に設定した金融機関)となります。ポイ活に取り組んでいる方は、ぜひ効率的にポイントを貯めやすい「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」をご検討ください。 *コード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象。上限 500 ポイント/月。オンライン支払い、請求書払いは対象外。

●貯まったポイントはショッピングで利用

貯まったLINEポイントは「Visa LINE Payプリペイドカード」を使ってVisa加盟店などでご利用頂けます。普段のお買い物をよりお得にするために、ぜひ「Visa LINE Pay クレジットカード(P+)」と「Visa LINE Payプリペイドカード」の2枚持ちをご検討ください。

最大5%還元、入会費&年会費無料!Visa LINE Payクレジットカード(P+)はこちら
20221111_VLP_Plus_11_TL_800x450-re1.png

まとめ

今回は、クレジットカードとプリペイドカードのそれぞれの使い方や特徴について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。クレジットカードは支払いが後払いで、ポイントやマイル、キャッシュバックなどが付与される反面、利用限度額や利息がかかるなどのリスクがあります。一方、プリペイドカードは前払いで、利用限度額が設定されており、リスクが少ない代わりにポイントや特典の付与が限られています。 自分のライフスタイルや使い方に合わせて、クレジットカードとプリペイドカードを使い分けてお得感や利便性を最大限に活用していきましょう。また、クレジットカードとプリペイドカードを併用できる「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」に興味のある方は、ぜひ公式サイトもしくはLINEアプリよりお申し込みください。

関連記事

    おすすめの記事